×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おからのダイエット効果

今人気のあるダイエットのひとつにおからダイエットというものがあります。
おからは豆腐を作るときに出来るカスのようなもので、値段が安く低カロリーなのが特徴です。
食物繊維やアミノ酸バランスに優れた大豆たんぱく質、神経の機能を維持するミネラル、動脈硬化を予防してくれるリノール酸、イソフラボンなど大豆そのものの栄養が効率よく摂れる食品です。
おからは腹持ちもいいのでダイエットには効果的です。
例えばハンバーグの挽き肉を一部おからに置き換えることで、簡単にカロリーカットとボリュームアップができます。
そのようなおからでお菓子を作ることができます。
それがおからダイエットクッキーで作りかたは案外簡単です。
おからダイエットクッキーの作りかたはいろいろな種類があるので、インターネットなどでいくつか検索しておくと良いでしょう。
いろいろな種類のクッキーを作れば味に飽きてしまってダイエットに失敗するいうこともなくなるかも知れません。
また、おからダイエットクッキーだけではなく、おからダイエットクッキーをアレンジしたレシピを覚えておけば更に選択できて良いかもしれません。
おからダイエットクッキーは、お店やインターネット通販などでも手に入れることができます。
おやつの代わりに食べるものから食事の代わりに食べるものまでたくさんあります。
自分で材料を買ってきておからダイエットクッキーを手作りするほうがお金もかかりませんし、お菓子を作るというのもまた楽しいでしょう。

おからで作るダイエットクッキー

おからでダイエットクッキーを作ることが、今大変ブームになっています。
おからの魅力はダイエットに向いているというだけでなく、健康にも良いという点で、ダイエットクッキーを作る材料として、今や欠くことのできないものになっています。
一般におからは日持ちがしないため、賞味期限はかなり短め。
おからダイエットクッキーのレシピに使うために長持ちさせたいなら、新鮮なおからを冷凍する方法がおすすめです。
しかしおからには水分がたっぷり含まれていて、冷凍した場合ひとつのかたまりになって固まってしまうため、おからを冷凍する前に水分を飛ばすためにフライパンで炒るか、前もっと使う分量ごとにビニール袋などに小分けしたあとで冷凍して保存し、解凍は自然解凍というのがお勧めの方法です。
おからダイエットクッキーのレシピに使うおからとしては、生のおからの他に乾燥のおからもあり、これはおからの保存性をよくするため、乾燥させたものです。
この乾燥おからは普通は水で戻して使うものですが、クッキーを作る場合は水で戻さないで乾燥したままのおからを使うのがポイントです。
粉末状にしたおからパウダーもあり、こちらの方がおからダイエットクッキーのレシピには向いているかもしれません。
おからを常温の状態で長期間保存できるように特殊に加工されたもので、おからペーストというものもあり、これもお菓子作りに向いています。
もう少々手間ひまかけて、おからを自分で手作りするのに挑戦してみるのもいいかもしれませんよ。
おからダイエットクッキーのレシピの一段階前のレシピということになりますが、意外と簡単に作れますし、できたての豆乳も同時にできあがります。
おからクッキーはダイエット用食品にはもちろんぴったりで、しかも甘いお菓子などを食べたときにおこるような罪悪感をいだくようなことなく、またカロリーを気にすることもなく食べられる健康的なおやつでもあります。
特性を生かしておいしく食べて、ダイエットと同時に健康的にもなれたらとてもいいことだと思います。

おからダイエットクッキーのレシピ

おからダイエットクッキーのレシピを紹介します。
材料はとてもシンプルです。
まずはなんといってもおからが必要です。
これがなければおからダイエットクッキーにはなりません。
薄力粉、バーキングパウダー、マーガリン(バターでも良い)、砂糖、卵も必要です。
ドライフルーツ(オレンジピールやレーズンなど)を入れたり、すりおろしたにんじんなどの野菜で甘味を加えたりします。
はちみつや黒砂糖などで甘さの調節をすることもあります。
このなかで、ほぼすべてのおからダイエットクッキーのレシピに欠かせないものは、おからとバターと卵です。
他の分量とのバランスによってバターなし、小麦粉なし、砂糖なし、卵なしなどで作ることができます。
そのような材料の組み合わせで少しずつ食感が異なってきます。
卵を入れずに作ると壊れやすい感じになり、バターを入れないと膨らみにくくなるので少し硬くなるでしょう。
砂糖を入れない場合は紅茶や抹茶、ココアパウダーなどで他の味をつけて甘味の代わりにしたり、ヨーグルトなどと一緒に食べたりするとよいでしょう。
おからの特徴であるザラッとした食感や風味、またぱさぱさした感じをクッキーにした時にどれだけなくすことができるかが美味しくできるポイントになるかも知れません。
おからダイエットクッキーの作りかたを工夫すれば、パサパサ感が苦手な人もおからの風味が苦手な人も美味しく食べられるようになるでしょう。
色々なレシピを調べてみると良いかもしれません。
自分に合った美味しいおからダイエットクッキーを作って楽しくダイエットできるといいですね。

Copyright © 2007 おからダイエットクッキーの作り方